生 菓 子

八ッ橋

和菓子にかかわるいろいろ話(お茶編)

【お茶-2:青茶と岩茶!】
中国お茶


3.青茶(チンチャア)-2
●青茶の品種
ちなみに緑茶は、一芯一葉、一芯二葉などですが、青茶は一芯三葉で摘むのが基本でこれを、開面採(かいめんつあい)と呼び若い芽が一葉と成熟した葉が二葉付いた状態をいいます。こうした成熟度の違う茶葉を組み合わせ、味、香りなどがいろいろな味に作られているのが青茶になります。また、青茶の品種は、百種以上もありますが、生産地はごく限られた場所(福建省や広東省、台湾など)でしか作られていません。
※代表的な産地と品種は?

●代表的な青茶

  • (1)福建省の-代表:武夷岩茶
  • (2)福建省の-代表:安渓鉄観音
  • (3)広東青茶-代表:鳳凰単叢
  • (4)台湾青茶-代表:凍頂烏龍茶
  • おちゃ
とても貴重なお茶なのですね...(ー_ー)!!

4.岩茶とは
●世界遺産
1999年に世界遺産として指定された、福建省・武夷山は、岩で出来た山で、この岩の上で育つ特別な烏龍茶を、「岩茶」といいます。
岩から養分を、霧から水分を吸収して育った岩茶は、力強い味わいと健康効果を持っています。 最近では、平地の土栽培から、上へ上へと移動しているようで、いわゆる、土で栽培されない青茶が岩茶となります。
青茶は、
福建省の閩北青茶、閩南青茶、広東青茶、台湾青茶の4種類があり、閩北青茶の代表が岩茶です。
閩南青茶の代表は、安渓の鉄観音で、広東青茶は、鳳凰単叢、
そして台湾青茶の代表が凍頂ウーロン茶です。
そのうち安渓、広東、台湾が土で栽培される青茶で、閩北青茶が岩茶となります。

八ッ橋もこのお茶と一緒に頂くとどんな味がするのでしょう?
また違った雰囲気でいただけるのでしょうね~